Life Like Love

楽しいもワクワクも不安も、全部ひっくるめて私だって気付いた

【本】ハートドリブン①

 

  

今日友人からオススメされた本を読んでいました。

 

 

f:id:ayako_recipi:20191012180245j:plain

 

 

・目に見えないものを大切にする力

・魂を進化させるとあなたはもっと輝く

 

という、一見スピリチュアル系?

と思われそうな言葉たちなのですが

 

 

この本、アカツキ創業者の

塩田元規さんという経営者さんが書いた本なんです!

 

塩田さんの様々な経験から書かれた経営哲学。

 

 

そんな塩田さんがCEOを務める

株式会社アカツキの経営理念(VISION)が素敵すぎて、、、

 

世界を動かす原動力とはなんでしょうか。

私たちは、世界を動かす力とは、
人の外側にある何かではなく、内側の心の中にある何かだと思います。

「心がワクワクする活動こそが、世界を輝かせる 」

答えはいつも私たちの内側にあります。
本当に自分の心がワクワクすることは何か。人生を何色に輝かせたいのか。

「感情を鍵に、心の扉を開いていく 」

そうすれば、怖さの先にある、ワクワク、喜び、愛、思いやりといった輝く感情の力に気づくはず。
それが、自分だけでなく誰かの幸せにつながる活動を生み出します。

“A Heart Driven World.”

心が求める活動が、みんなの幸せの原動力となる世界。
一人ひとりがワクワクしながら、自分らしく活動する。
その姿が、人を惹きつけ、つながりを生み、大きなうねりとなって、たくさんの人を幸せにしていく。
つながりの中で、自分らしく生きる時、世界は大きく輝き出す。
これが、私たちの目指す世界です。

2010年、小さなマンションの一室で、アカツキを立ち上げた時から、
感情を報酬とする、ハートドリブンな世界をイメージしてきました。
なぜなら、感謝や感動は、尽きることないリソースだからです。

青臭いという人もいるかもしれません。
でも、こんな世界を夢見ているのは、私たちだけじゃないはずです。

心の声に正直に生きよう。もし、道に迷った時には、問いかけよう。

「今やろうとしていることは、本当にハートドリブンなのか? 」

自分というたった一人の存在を輝かせよう。人生の旅を一緒に楽しもう 。

引用:https://aktsk.jp/company/vision/

 

・・・もう、この会社好き!!!

 

もう一目惚れ的な感覚です。ワクワク大事!

働いている側がワクワク楽しくできていなかったら新しい可能性は生まれない。

 

私が関わらせていただいてる会社も

同じようなVISIONをもっているので仕事をしていて楽しいんですよね。

 

もっとこういう働き方を増やしたい!!

というのがわたしの願望。

 

 

 

今までの常識だと、こんなの夢物語だとか

頭がおかしいと言われていました。が!

 

 

ワクワク、喜び、愛、思いやりが価値になる時代に変わっています。

 

 

フリーランスが多くなったという体感もありますし

ブログ、Youtube、Tictok、Instagramで稼ぐ人も。

 

副業解禁、週末起業という言葉をニュースで見た方も多いのでは?

 

 

 

私たち20代~30代が教育されてきた「普通」が

今はもう「普通」ではなくなってきているんですよね。

 

 

大学を卒業して、大手企業に就職して

結婚をして、子供を育てて、年金で暮らす

それが親世代の「正解」だったけど、今は正解ですか?

 

 

 

これからは外側にある「正解」じゃなくて

自分の内にある「正解」を見つめていく時代。

 

 

 

 

時代が変わった今は、正解は一人ひとり違うから、あなたの中の答えが大切になる。

 

 

 

ハートドリブンの文中にある言葉です。

 

 

 

  • 何かが手に入った(Having)
  • 何かができた(Doing)

という外側だけではなく、

 

  •  自分の在り方(Being)

という内側を大切に。

 

 

 

 

 

感情に蓋をしていませんか?

 

自分の気持ちに気付かない癖をつけていませんか?

 

情報の波にのまれて、自分を見失っていませんか?

 

 

 

 

ふと、空を見上げて

その時の感情を感じてください。

 

 

 

ふと目を閉じて

今の自分の体の状態を確認してください。

 

 

 

いきなり働き方を変えるとか

今まで気にしていなかったものを感じ取るのは

難しいと感じるかもしれません。

 

もし、難しいと感じたなら

難しいと感じた自分に気付いてください。

 

 

 

それが、今のあなたを感じるキッカケになるはずです。

その気付きを大切に。

 

 

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございます。

今日も素敵な一日を。