Life Like Love

日々ご飯を作ったり、気になったモノことを調べたり体験したり。

急に実家に帰ってみた10月の終わり

 

こんばんは、あやです。

 


今日はなんとなく、実家に置いてある

画材を取りに行きたくなって

 

急に、実家に帰ってみました。

 

実家へ帰ってみたの巻

  

f:id:ayako_recipi:20191031222512j:plain


一応帰る前に母に連絡したのだけど

 

見てなかったみたいで、帰ったら

「あんた何でいるの?」みたいな顔をされました。

 

 

同じ東京都で近いからか、
なかなか実家には帰らないので。

(舞浜住民がディズニー行かないのと同じ感覚)

 


たまに帰るとお母さんの話がとまらない。

 


色々なことに気を使う性格の母なので、

私に会うと、日々溜まってるものがどばーっと出てくる。

 

デトックスになってれば良いのだけど。

 


『結婚してほしいけど、


 結婚したあとは色々大変だから。

 なんとも言えないよね。』


と母の言葉。

 


申し訳ないけど、

 

しばらくは結婚する相手も
結婚する気もないかなー。

 


今のうちにしたい事したいし。

 

もし一緒にいたいなと思える人に
出会えたらするかもだけど。


もともと『結婚』にこだわってないから。


来るべき時が来たらで、
期待せずにお願いします。母よ。

 

 

 

 

女だけで旅行に行きたいと言ってたので

来年は、一緒に温泉でも行こうと思います。


 
お父さんにはお土産で。


たまにはストレス発散に付き合おう。

 

 

 

 

 

f:id:ayako_recipi:20191031222342j:plain

 

帰りにおふくろの味
ポテトサラダくれました。

 

帰って食べながらこれを書いてます。

 

自分で作るとなんでか、

この味にならないんだよなー

 

母の味ってこういうことなのかもね。

 

ごちそうさまでした。

 

 

 

久しぶりの地元は、やっぱり落ち着く。


私は都会のギラギラの光より
田舎のほんわかした光が好き。

 

将来はどこか好きな土地に移るんだろうな。

 


そんなことをふと思った
10月の終わり。

 

 

 

帰りに見かけた好きな言葉 

f:id:ayako_recipi:20191031222357j:plain


もし花がなかったら。

 

あなたの、大切にしたい。ありがとう。好きです。愛してます。

は、伝えられないままかもしれない。

 

でももし、今日花があったなら。

 

そんなあなたの気持ちを、
パッと咲かせることができるかもしれない。

 

花の一生は短い。
ひとの一生はどうだろう。

今日ここに花があるということ。