Life Like Love

日々ご飯を作ったり、気になったモノことを調べたり体験したり。

【レシピ】冬におすすめ!体が温まるレシピまとめ

 

 

こんばんは!彩です。

 

最近、急に寒暖差が激しくなってきて、

風邪気味の人が増えていますね。

 

インフルエンザも流行ってきているそうなので、

体調にお気を付けください!

 

f:id:ayako_recipi:20191104195351j:plain

 

私は仕事として会社の人達(30人くらい)に

毎日ご飯を作っているのですが。

 

最近よく作っている、

体が温まる料理のレシピをまとめました!

 

※簡単おいしいレシピです!

 

気になったものがあれば明日の夜ご飯メニューに♪

 

 

 

冬におすすめ!体を温める食材って?

 

体を温める食材で、

すぐに思い浮かぶのは「生姜」ですね!

 

それ以外にも、野菜、肉、魚など

体を温める効果があるものはたくさんあります。

 

 

【 体を温める食材 】

  • 冬が旬、寒い地域で採れるもの
  • 根菜類(地面の下で成長するもの)
  • 赤や黒色のもの

 

【 体を冷やす食材 】

  • 夏が旬、暖かい地域で採れるもの
  • 色が薄い
  • 地面の上で成長するもの

 

 

参考になるサイト様はこちら!

【温活】生姜以外の『体を温める食材』って知ってる?一度で簡単に覚えるポイントと調理のコツ | キナリノ

 

薬膳の観点から、体を温める(=温活)

食材や調理法を紹介してくださっています!

 

夏野菜でも、煮込んだり、

発酵食品と合わせることで

体を温める効果になるものもあるので

とても勉強になります。 

 

11月の食材 - 旬の食材カレンダー

 

こちらのサイト様は旬の食材を

月ごとにまとめてくださっています!

 

「旬」のものがわからない!という方は参考に♪

 

 

 

 

 

冬におすすめ体が温まるレシピ

 

①肉団子シリーズ

cookpad.com

冬の定番レシピNo.1✨

 

肉団子がホロホロで、白菜もトロトロで美味しい!

具材たっぷりなので、おかずスープとしても◎

 

 

cookpad.com

大根おろしときのこがたっぷりの鍋!

きのこと鶏団子の出汁が美味しいんです。。

 

これは食べすぎちゃうレシピです。

 

 

  

②魚シリーズ

cookpad.com

寒い時期が旬の「鮭」と味噌とバターのコクがある味がたまらない!

 

野菜もいっぱい食べれるメニューなので

栄養満点でオススメです!

 

 

cookpad.com

調理が簡単な「塩サバ」×発酵食品「味噌」

 

時間がかかる下処理がいらないので

とっても簡単な塩サバの味噌煮。

 

元から塩味が付いているので

煮込みすぎには注意です!

 

 

 

③そぼろ煮(大根、じゃがいも、カボチャ)

cookpad.com

cookpad.com

cookpad.com

 

そぼろ煮って、

なんでこんなに美味しいんでしょう。

 

とろみが付いているので冷めにくいですし、

味がしみしみなのでご飯が進みます。うまし。 

 

 

 

 

④他にもおすすめたくさん!!

cookpad.com

白菜と豚バラを重ねて切って

鍋に敷き詰めて煮るだけ!

 

簡単すぎるのに箸が止まらないんです。

ポン酢と合う~(*´▽`*)

 

 

cookpad.com

こちらも作って!とリクエストが多いレシピ!

 

トロトロのかぼちゃと、ほろほろの鶏肉。

トマトクリームに凄く合うんです。

 

かぼちゃの甘さがトマトクリームに溶けていて甘めの味です。

 

 

cookpad.com

週一で作って喜ばれるレシピ!

炒めるだけなんですが、皆から大人気✨

 

生姜をたっぷり使ってるので

体もポカポカに♪

 

 

cookpad.com

お味噌汁の具を体を温める食材に変えたり、ちょっと生姜を入れてみたり。

さつまいもを入れたお味噌汁が人気です!

 

あとは、大根・人参・しめじ・カボチャ・油揚げ・豆腐をいれた具沢山お味噌汁。

ここまで入れるとおかずです。

 

 

cookpad.com

きんぴらも冬の旬の食材が多いですね!

私は、ごぼうをレンコンに変えたりします。

 

一番人気なのは、細切りこんにゃくと舞茸を入れたきんぴらごぼう

 

舞茸の出汁が出て美味しいんです。

こんにゃくを入れるのでボリュームも♪

 

 

 

いかがでしょうか?

 

気になるレシピがあったら

ぜひ作ってみてください🌸

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございます!