Life Like Love

楽しいもワクワクも不安も、全部ひっくるめて私だって気付いた

嬉しい、楽しい、好きが分からなかった時期

 

 

こんばんは、彩です。

先日の満月みなさん見ましたか?

 

f:id:ayako_recipi:20191114222035j:plain



思わず綺麗でパシャリ。

 

 

そんな満月を見ながら

瞑想していた時に思い出したことを。


今日はちょっと昔の話。

そして私のネガティブさんが出てくる話。

 

 

 

 

自分の気持ちに蓋をしていた

 

25年前、妹が生まれた時から。

私は「彩」ではなく「お姉ちゃん」になった。

 

その頃の記憶はあまり残ってないのか、

まだ蓋をしていて思い出せないのかわからないけれど。

 

両親や、祖父母が私のすべてだった時代に

私は「お姉ちゃん」にされた。

 

「彩」「彩ちゃん」と呼ばれていたけれど、

妹の気持ちが最優先にされていたと感じてた。

 

 

「お姉ちゃんなんだから」という言葉が嫌いだった。

 

  • お姉ちゃんだから全て妹に譲らなきゃいけないの?
  • お姉ちゃんだから全部我慢しなきゃいけないの?

 

私はお姉ちゃんになりたいと思ったことなんて一度もなかった。

勝手にお姉ちゃんにしたのに、何で強要してくるの?

 

私のことなんて愛してないんでしょ。

血が繋がってないんじゃないかと疑ったこともあった。

 

 

私=お姉ちゃんになってから

 

  • 得意なことはあるけど、好きかわからない。
  • 皆が笑ってるからこれは楽しいことなんだ。
  • 何かが達成できて嬉しい。でも何もできない自分は無意味。

 

当時の記憶を思い出した時に

そんな気持ちだったんだろうなということに気付いた。

 

その当時の気持ちが、

未だに私の中で消化できていないことにも気付いた。

 

  • 人といると疲れる
  • 褒められても受け入れられない
  • これが好きだと言えない

 

最近は、かなり消化出来てきた

 

  • 自分が好きな人と一緒にいる
  • 褒められたら素直に嬉しいし感謝出来る
  • 興味があるということに素直になった

 

こんな感じに変化したのです。

本当に最近。つい先月の話。

 

まだ変わりたてホヤホヤです。

現在進行形で変化中。

 

瞑想を勉強しだしたのもあるけど

時間に余裕が出来たのが一番大きい。

 

余裕のなさは心を亡くす。

時間に余裕がなくても楽しんでいればいいんだけどね。

 

それは好きなことでやりたくてやってるから。

 

 

色んなことが分からなくなる時代

f:id:ayako_recipi:20191115011551j:plain

 

インターネットが当たり前になって

誰でも情報を得ることが出来るようになった。

 

 

 

便利になったけど。。

 

情報過多になりすぎて、

情報の取捨選択が出来なくて。

 

情報に溺れてしまっている人が多いんじゃないかなって。

 

 

 

ミニマリスト」の人が増えているのって

 

情報やモノが溢れていて、そこから脱出して

「自分らしく」在りたいっていう人が増えてきたからなのかな。

 

そんなことをふと思ったり。

 

 

 

 

もっとシンプルに、

もっと自分と向き合って、

自分の声に素直に行動してあげたいなと思います。

 

あなたも私も。

 

 

色んな情報が入りすぎると

こんがらがって、がんじがらめになって

身動きが取れなくなります。

 

自分の声も聞こえなくなる。

 

依里さんが例えてた、

頭の中で同時に大量のテレビがついてる状態っていうのが凄いイメージしやすい。

 

 

ただ、こんがらがってるものって

自分が「こんがらがってる」と思い込んでいるだけ。

 

 

「すべてシンプル」って気づいたら

 

体も心も軽くなったのでオススメです。

 

 

 

 

 

正解も不正解もないし。

~しなきゃなんてこともない。

 

私がしないと、なんてこともない。

 

 

 

育児頑張りすぎてるママさんいませんか?

 

辛い時は辛いって言ってね。

頼れないとしても、何かしら発信してね。

 

あなたはママだけど、ママの役割は手伝えるけど

あなたの人生はあなたのものだからね。

 

我慢するのが当たり前ではないよ。

 

ニュースで、疲れたって寝た小さい子のママが

次の日亡くなってたというのを見てとても悲しくなりました。

 

 

 

ぜーんぶ自分が決めて、自分が選んでる。

 

いくらでも変えられるよって

伝えたくなったので書いてみました。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

あなたの毎日がシンプルで小さな幸せに気付けますように。